日本の国民病の肩こりは東京でマッサージ!

日本人の3人に1人が肩こりを感じているほど、日本では身近な体の不調。痛む部位や症状、痛みの程度は人それぞれ。肩だと思っていたら、違う部位からの痛みであったりするので、安易に考えるのはNG!

筋肉の疲れとも言われている肩こりは、人間が立って歩き始めたことで始まったと言われています。約4キロもある頭を首から肩で支える分どうしても負担がそこにかかってしまうんですね。他にも原因はいろいろ。例えば寒さ!寒い時期は体を縮こませてしまうので血行の流れが悪くなるのです。また、目の疲れが筋肉のこりの原因になることもよく知られていますね。他にも姿勢の悪さや一定の姿勢からくる体への負担も原因とされています。

そしてもう一つ、見落としがちではありますが、ストレスも肩こりの原因になるということ。仕事をしている方なら、仕事の量や仕事の質、パソコンなどの苦手意識などからくる不安意識などが要因としてあげられます。また、よくあるのは人間関係や睡眠不足など、真面目な人ほどストレスを溜めやす傾向にあるため、体へ疲れが蓄積し体が悲鳴をあげるのです。ストレスで出てくる症状はとても多く、放っておくと胃炎やうつ病など苦しい病気にもなってしまいます。そうなる前に少しでも予防策を知っておくといいでしょう。

まずは、誰かに相談することです。一人で抱えこむとどうしても悪い方向に考えが行ってしまうので、お喋りできる家族や友人に話をしましょう。次に気分転換!適度な運動をしたり、マッサージに行ってみたり、体が楽になる改善策を探してみるのもおススメです。東京にはマッサージの専門店が多くあるので、その時の自分の症状に合ったお店を探すといいですよ。体に負担をかけない方法や、すぐできる筋肉のほぐし方など教えてもらえたりするかもしれません。また、その時間だけでも、心身共にゆっくり休ませることで、気持ちも楽になるでしょう。

ストレスを溜めてしまいやすい現代。苦しくなる前にどう予防するか、一度自分自身と向き合ってみるといいですね。