日本の国民病の肩こりは東京でマッサージ!ストレスが原因になる?

日本人の3人に1人が肩こりを感じているほど、日本では身近な体の不調。痛む部位や症状、痛みの程度は人それぞれ。肩だと思っていたら、違う部位からの痛みであったりするので、安易に考えるのはNG!

様々な肩こりの原因

筋肉の疲れとも言われている肩こりは、人間が立って歩き始めたことで始まったと言われています。約4キロもある頭を首から肩で支える分どうしても負担がそこにかかってしまうんですね。他にも原因はいろいろ。例えば寒さ!寒い時期は体を縮こませてしまうので血行の流れが悪くなるのです。また、目の疲れが筋肉のこりの原因になることもよく知られていますね。他にも姿勢の悪さや一定の姿勢からくる体への負担も原因とされています。

そしてもう一つ、見落としがちではありますが、ストレスも肩こりの原因になるということ。仕事をしている方なら、仕事の量や仕事の質、パソコンなどの苦手意識などからくる不安意識などが要因としてあげられます。また、よくあるのは人間関係や睡眠不足など、真面目な人ほどストレスを溜めやす傾向にあるため、体へ疲れが蓄積し体が悲鳴をあげるのです。ストレスで出てくる症状はとても多く、放っておくと胃炎やうつ病など苦しい病気にもなってしまいます。そうなる前に少しでも予防策を知っておくといいでしょう。

気分転換でストレス解消

まずは、誰かに相談することです。一人で抱えこむとどうしても悪い方向に考えが行ってしまうので、お喋りできる家族や友人に話をしましょう。次に気分転換!適度な運動をしたり、マッサージに行ってみたり、体が楽になる改善策を探してみるのもおススメです。東京にはマッサージの専門店が多くあるので、その時の自分の症状に合ったお店を探すといいですよ。体に負担をかけない方法や、すぐできる筋肉のほぐし方など教えてもらえたりするかもしれません。また、その時間だけでも、心身共にゆっくり休ませることで、気持ちも楽になるでしょう。

ストレスを溜めてしまいやすい現代。苦しくなる前にどう予防するか、一度自分自身と向き合ってみるといいですね。

ひどい肩こり!他の症状が出る前に東京の肩こり専門店でマッサージ

肩こりって何度なっても慣れないもの。肩は痛いし頭は重いし、気持ちは落ちてしまうし、何もしたくなくて、仕事も何もかも放り投げてしまいたくなったり・・・。デスクワークが多い人ほど、その辛さは付きもの。また女性に多いのが、天気に左右される片頭痛からの肩こり。どうマッサージしても体を伸ばしてもなかなか治まらないあの痛みは肩を外してしまいたくなるくらいしんどいですよね。

肩こりがひどくなる前に改善策を考えましょう

肩こりはあまりに酷いと吐き気を感じたり、眠るに眠れなかったりもする厄介者。鎮痛剤や湿布などもいいですが、症状が強いときは薬物療法では落ち着かないこともあります。そんな時はマッサージに行ってみてはいかがでしょうか?東京にはいくつも肩こり専門店があるので、仕事帰りに辛い凝りをほぐしてもらうのもいいですね。

忙しい現代人。日々の疲れやストレスを溜めてしまうと、後で後悔しか残りません。少しの時間でも体を動かしてみたり、ちょっとだけ健康に気を付けた食事をしてみたり、それだけでも体への負担が減り、疲れが溜まりにくい体にできます。デスクワークが続く人は、姿勢を整えてみたり、パソコンとの距離を40cm以上離してみたり、目を休ませることも大事!自分でできる改善方法をまずは試してみるのもおススメです。

さまざまな症状が出る前にマッサージを受けよう

早い段階でのケアが痛みを長引かせない秘訣。ちょっと我慢すれば、寝てしまえば治まるから。では、どんどん長引いてしまいます。「たかが肩こり」ではなく「されど肩こり!」肩こりを甘くみてはいけません。頭痛、吐き気、眼精疲労、集中力の低下。様々な症状が仕事や生活の邪魔をします。

余りにも痛みがひどい方は、東京のマッサージ専門店を利用してみてください。体からのSOSをしっかり伝えて、適切なマッサージをしてもらえると肩だけでなく、その他の症状も軽くなるでしょう。たまには少し贅沢して全身マッサージもいいですね。アロマの香りで癒されながら、日頃のストレスからも開放され気持ちのいい時間を過ごすことができるでしょう。