デスクワークだけじゃない!肩こりの原因を東京のマッサージ店で解決

日々の姿勢によって影響してくる肩こり。パソコンの普及により仕方がないところもあるのですが、デスクワークが多かったり、同じ姿勢が続いたりするとどうしても体に負担が来ますよね。一番にその変化に気づくのは肩や腰の痛み。姿勢よくしているつもりでも、気づいたら腰が曲がっていたり、首に負担がかかるような体勢だったり、知らず知らずのうちに、自分の体を苦しめている場合も。
このような生活を改善するために、色々工夫をしているけど、思うように改善されない時、別に原因があると考えた方がいいでしょう。

肩こりの原因は「枕」?

整体やストレッチなどやっても、思ったように肩こりが治らない方は、もしかすると枕が原因かも。
ご存知のように、人は1日に3分の1の時間を使って睡眠をとるため、日ごろ姿勢に気をつけたり努力をしても、寝ている間の無意識の姿勢から影響を受けていることも。今のあなたの枕は自分の首に合った枕ですか?ついついうっかりして見逃してしまいがちなことではありますが、良い睡眠をとるためにも枕はとても重要です。

現代は、枕にも色んな種類がありますよね。ビーズやパイプは勿論、低反発から高反発、ヒノキや塩など、素材も多い上に形も様々なので、「眠れればいい」そう思っている人も少なくないはず。しかしそれが落とし穴。枕が高すぎたり低すぎたり、硬すぎたり柔らかすぎたり、肩こりになる原因が意外と多いのです。

枕のチェックをしてみよう

少し面倒ですが、一度自分の枕が合っているのかチェックをしてみて下さい。素材、硬さ、高さ、形、仰向け時の姿勢や寝返りがうちやすいかなど、確認をしてみて、何かひとつでも合わないものがあれば自分の首や身体のためにも、改善する必要があります。そのために新しい物を買いに行くのも大変!と言う方は、タオルなどで調整もできるので、ぜひお試しください。

肩が凝ってどうしようもない時は、マッサージを受けてみるのもいいでしょう。東京には多くの専門店があるので、どこに行けばいいのか悩んだ時は、口コミで調べてみて下さいね。あなたに合ったマッサージや、身体のことを相談ができるお店が見つかるでしょう。

日本の国民病の肩こりは東京でマッサージ!ストレスが原因になる?

日本人の3人に1人が肩こりを感じているほど、日本では身近な体の不調。痛む部位や症状、痛みの程度は人それぞれ。肩だと思っていたら、違う部位からの痛みであったりするので、安易に考えるのはNG!

様々な肩こりの原因

筋肉の疲れとも言われている肩こりは、人間が立って歩き始めたことで始まったと言われています。約4キロもある頭を首から肩で支える分どうしても負担がそこにかかってしまうんですね。他にも原因はいろいろ。例えば寒さ!寒い時期は体を縮こませてしまうので血行の流れが悪くなるのです。また、目の疲れが筋肉のこりの原因になることもよく知られていますね。他にも姿勢の悪さや一定の姿勢からくる体への負担も原因とされています。

そしてもう一つ、見落としがちではありますが、ストレスも肩こりの原因になるということ。仕事をしている方なら、仕事の量や仕事の質、パソコンなどの苦手意識などからくる不安意識などが要因としてあげられます。また、よくあるのは人間関係や睡眠不足など、真面目な人ほどストレスを溜めやす傾向にあるため、体へ疲れが蓄積し体が悲鳴をあげるのです。ストレスで出てくる症状はとても多く、放っておくと胃炎やうつ病など苦しい病気にもなってしまいます。そうなる前に少しでも予防策を知っておくといいでしょう。

気分転換でストレス解消

まずは、誰かに相談することです。一人で抱えこむとどうしても悪い方向に考えが行ってしまうので、お喋りできる家族や友人に話をしましょう。次に気分転換!適度な運動をしたり、マッサージに行ってみたり、体が楽になる改善策を探してみるのもおススメです。東京にはマッサージの専門店が多くあるので、その時の自分の症状に合ったお店を探すといいですよ。体に負担をかけない方法や、すぐできる筋肉のほぐし方など教えてもらえたりするかもしれません。また、その時間だけでも、心身共にゆっくり休ませることで、気持ちも楽になるでしょう。

ストレスを溜めてしまいやすい現代。苦しくなる前にどう予防するか、一度自分自身と向き合ってみるといいですね。

ひどい肩こり!他の症状が出る前に東京の肩こり専門店でマッサージ

肩こりって何度なっても慣れないもの。肩は痛いし頭は重いし、気持ちは落ちてしまうし、何もしたくなくて、仕事も何もかも放り投げてしまいたくなったり・・・。デスクワークが多い人ほど、その辛さは付きもの。また女性に多いのが、天気に左右される片頭痛からの肩こり。どうマッサージしても体を伸ばしてもなかなか治まらないあの痛みは肩を外してしまいたくなるくらいしんどいですよね。

肩こりがひどくなる前に改善策を考えましょう

肩こりはあまりに酷いと吐き気を感じたり、眠るに眠れなかったりもする厄介者。鎮痛剤や湿布などもいいですが、症状が強いときは薬物療法では落ち着かないこともあります。そんな時はマッサージに行ってみてはいかがでしょうか?東京にはいくつも肩こり専門店があるので、仕事帰りに辛い凝りをほぐしてもらうのもいいですね。

忙しい現代人。日々の疲れやストレスを溜めてしまうと、後で後悔しか残りません。少しの時間でも体を動かしてみたり、ちょっとだけ健康に気を付けた食事をしてみたり、それだけでも体への負担が減り、疲れが溜まりにくい体にできます。デスクワークが続く人は、姿勢を整えてみたり、パソコンとの距離を40cm以上離してみたり、目を休ませることも大事!自分でできる改善方法をまずは試してみるのもおススメです。

さまざまな症状が出る前にマッサージを受けよう

早い段階でのケアが痛みを長引かせない秘訣。ちょっと我慢すれば、寝てしまえば治まるから。では、どんどん長引いてしまいます。「たかが肩こり」ではなく「されど肩こり!」肩こりを甘くみてはいけません。頭痛、吐き気、眼精疲労、集中力の低下。様々な症状が仕事や生活の邪魔をします。

余りにも痛みがひどい方は、東京のマッサージ専門店を利用してみてください。体からのSOSをしっかり伝えて、適切なマッサージをしてもらえると肩だけでなく、その他の症状も軽くなるでしょう。たまには少し贅沢して全身マッサージもいいですね。アロマの香りで癒されながら、日頃のストレスからも開放され気持ちのいい時間を過ごすことができるでしょう。

東京の肩こりマッサージで評判の高いところは?ストレスは仕事に影響

ほとんどの働きの本人たちは、いつも体が緊張状態にあります。現代のビジネスのやり方が、常の同じ姿勢を維持してやる処ごとのスタイルというのもあるでしょう。ビジネスは戦いの場なので、会社の同僚にも気を許すことはできません。こうした緊張やストレスは、確実に筋肉を硬くさせていきますし、血液のめぐりを悪くさせますが、中のことなので人間の肉眼では見えないのが、気がつきにくくなる盲点にもなってきます。

会社ではストレスを貯めやすい

仕事をしていれば誰でもストレスを感じますし、会社にいることですでにストレスは生じています。同僚は仲間だという、お気楽でのんきなことは言ってはいられません。うっかり会社の上司の愚痴を吐き出したり、誰かの文句や陰口などをこぼしてしまったら、最終的には自分の首を絞めることになります。ビジネスシーンで足を引っ張るのは、必ず同僚であるためです。だから、どんなに不満があっても、悪口を言いたくても、決して同僚をはじめ、ビジネス関係の人間に話してはいけません。

吐き出したい気持ちがあっても仕事関係の人間に愚痴を言うと、本人の評価を必ず下げることになります。同僚などは同じような能力の集まりですので、同じレベルなら蹴落としてしまうことをビジネスの世界では普通に考えますし、それは日常茶飯事で行われています。そして陰口や悪口は必ず本人の耳にないりますし、だいたい嫌がらせをされます。さらには味方のふりをして、話を聞き出すことが上手で饒舌なおしゃべりな人間は要注意であり、話を大げさにして広くばらまくため始末に負えません。足の引っ張り合いや、陰険なやり取りが普通にあるのが日本の社会であり、その中で生きるのですから緊張感などは途切れることはないのです。

東京のマッサージでストレスを解消しよう。

ストレスは自律神経を大きく乱すために、体に凝りを感じるだけでは済まなくなります。心の問題が体調を崩すことは、現代では多くの人も知るところになっていることです。心のストレスは体へのマイナス要素となりますし、仕事をする上では元気がないと続けることはできません。緊張は肩や首に影響を与えやすいので、その辛さはほぐす必要があります。

東京には肩こりマッサージが受けられる、心あるお店が多くあります。評判の高いところは、連日多くのお客さんが集まるお店です。その分店舗を大きくしたり、スタッフも増員をしていますので、回転率も良いために、利用をしたいときに利用できるのも良いところです。東京のマッサージのお店で、ストレスも肩こりも解消をしましょう。

仕事帰りに手軽に行ける!東京のおすすめマッサージでスッキリ

仕事帰りに手軽に行けるのもうれしいのが、東京のおすすめマッサージのお店です。働き者の日本陣はとても勤勉であり、真面目でとにかく働きます。するとやってくるのはストレスや、体に感じる疲労感に凝りなどの症状です。仕事帰りに同僚と居酒屋に行くのもいいですが、お酒を浴びるように飲んで上司の愚痴を言っても、翌朝に残るのは二日酔いだけです。

それならば健康的に、体をほぐしてもらうサービスを受けたほうが、建設的な取り組みにもなります。真面目な日本人だからこそ、アルコールでストレスを発散したい日もありますが、長く健康で仕事ができるためにも、まずは健康第一で疲れを吹き飛ばすことが先決です。

プロのマッサージを受けて疲れや凝りもリセット

セルフで揉みほぐしをしても、なかなかプロのようにはいきません。でも都内には多くの、揉みほぐしやトリートメントをしてくれるお店があるので、お金を払ってプロの手で、スッキリと解消をするのがいいでしょう。仕事での疲れやストレスは、肩こりの症状も招きやすいので、仕事帰りにはそうしたお店で、スッキリと疲れも凝りもリセットしてみることです。するとたくさんのお酒を飲んで、愚痴を言い合うよりも、ずっと良い気分転換になりますし、健康的で前向きな考えに切り替わることもできます。

社会人の多くは肩の凝りの症状を抱えて、大体の人は悩んでいますし、もはや慢性的にもなっている人が多いです。原因はいろいろありますが、現代人は仕事でもプライベートでも、常にコンピューターを使う生活をしています。

するとそれは、目の疲れにもつながることにもなります。あまり考えたことがないかもしれないですが、肩や首に感じる凝りの症状といいますのは、目が疲労感を感じていることで生じるケースがよくあります。

そのためパソコン作業などで目を毎日酷使しているならば、適度に目を休ませることも大切です。

日常的な姿勢の悪さを改善

さらに現代人に多く見られるのが、日常的な姿勢の悪さです。読書をしている時もですが、1日の大半をパソコン作業に費やす人などは、ずっと前かがみの姿勢になります。頭はとても重く、その重さをいつも受けているので、肩の周りの筋肉も緊張が続くことになります。

仕事でパソコンを使うのは普通の時代なので、ときどき休息を入れましょう。軽く首のストレッチをしたり、肩をくるくると回すようにほぐすのもいい方法です。

肩に感じる凝りの症状は、ストレスも関わります。体を動かす、軽いスポーツで発散をして、肩こりも少なくしていくといいでしょう。